Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

101時間目『玄米と免疫力の切っても切れない意外な関係!』

食べ物の話

101時間目『玄米と免疫力の切っても切れない意外な関係!』
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

栄養素の宝庫「玄米」で、安定のお通じ

我が家も玄米を食べるようになって、8年くらいになるでしょうか。かみしめるほどに、濃厚で素朴な味がじんわり広がります。栄養素もほとんどを網羅しているので、これだけで栄養素のことは考えなくてもいい、というほど優秀な主食です。日本人がを支えてきたのは、こういった精白していない穀物でした。栄養素が豊富なだけに、満足感もあります♪

胃腸での消化の負担を少しでも減らしたいので(詳しくは割愛しますが、老化を遅らせたい人は、消化のパワーを少なくすることです)、よくかむことも意識するようになりました。玄米ごはんは50回は噛みます。その他のものも、30回くらいかまずにはいられないほど、すっかり習慣に。

お通じも安定しますね♪子供たちも朝一に排泄から始まること多々。時々は実は私も!この「排泄」から始まる朝、ってのがとっても重要♪体の良い代謝サイクルですよ~。

お通じを促すのは、「不溶性」の繊維です

切っても切れない食物繊維

お通じをどうにかしたい!と思って、食物繊維、食物繊維とみなさんも食べられることと思います。

食物繊維をバラバラにする酵素を私たちは持っていないので、鎖を外して消化するということができません。

このことがすっごく体にとって好都合だったんですよね♪


何とか消化できないものかと、一生懸命腸が動きます。
そうこうしているうちに、腸壁へのものすごい刺激になるわけです。
それでますますぜん動運動が活発に!

それで便の出が良くなるのは当然なのですが、実はもう一つ!
それだけではない、体にとってすっごく良いことあるんです。

「一生懸命腸が動く」ここから始まる素晴らしいメリット!

副交感神経との切っても切れないステキな関係

一旦ここで、視点を体の中に移動させましょう。

「食べる」という行為は、リラックスモードにするには手っ取り早い方法です。ストレスを感じると、ドカ食いしてしまうのも、そういうわけなのですね。


食べるということは、消化器官が動き出すということ。
なので、

消化器官は食べることと同じく副交感神経が支配。

消化器官というのは、口から始まって、便が出るお尻の肛門まで。
一本の土管だと思ってください。


この一本の土管の中には、小腸大腸がありますよね。

小腸は、栄養素を吸収するところ。何とか吸収できないものかと一生懸命ぜん動運動をする。大腸も繊維で刺激を受けますので、ぜん動運動を一生懸命がんばります。

この小腸と大腸がよく動くということは、司るリラックス神経(副交感神経)が、ぐい~んと優位になる、ということです。そうすると、あなたの体の免疫力もぐい~んと引き上げられるのです。

免疫力UPにもつながるのか!

今まで白米を食べられてきた方も、一度試してみてはいかがでしょう?
素朴な味は、むしろ白米よりも滋味と味わいがありあます。体が欲する栄養素も豊かとなれば、食べないなんてもったいない!よくかんで、じっくり味わってほしい玄米です♪

いつもの白米に混ぜるだけという手軽なものもあるので、ハードルの低いところから!

玄米に慣れ親しんだ人は、発芽玄米を自宅で簡単に作れる炊飯器もトライしてみるといいかもね♪

ファンケル 発芽米お試しセット
1

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ