世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

115時間目『まんべんなく食べなければいけない神話①』

食べ物の話

115時間目『まんべんなく食べなければいけない神話①』
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

「バランス良く」の栄養学で惑わされてきた戦後

30品目を守るほどに生まれる矛盾

一日30品目食べましょうというスローガン。一度は耳にしたことのある人も多いと思います。

夏バテにビタミンB1は豚肉です!、と聞けば生姜焼きを食べ、
ビタミンAにはレバーだね♪と聞けば、レバニラを食べ、
カルシウムには牛乳ですと聞けば、毎朝の定番に。

などといった光景を見かけますね。

「栄養素をバランス良く」はとても大事ですが、「いろいろなものから」というところが曲者です。

「いろいろなものからまんべんなく」と、動物性たんぱく質をせっせと食べていった場合、

高たんぱく・高カロリー・高脂質。

が、もれなくついてくる、ということを忘れてはいけません。
この3高がどういったことを体に起こすのか。


言われるがままに、忠実に実現しようとすればするほど体に起こる矛盾を、今回からシリーズでお伝えしていきます。

ソーセージとハム

肉、卵、牛乳、魚の動物性食品を食べるということ

食べたたんぱく質をリメイク

動物性たんぱく質を体の中に吸収させようと思えば、それをそのまま体の材料には使えないので、ちょっと一仕事しなければなりません。

それが「脱アミノ作用」という作業です。

※魚に関しては、この作業があるにせよ良い脂質がプラスの働きをするので、ガン治療でなければ、適度に摂りたい食品です。ですので、一応動物性たんぱく質を取り込む時の事実として書きますが、まったく食べない方がいいということではありません。


話戻りまして、
「脱アミノ作用」は肝臓の担当。

しかしとっても複雑な工程なので、重労働!!
すっごく肝臓に負担がかかります。

疲労困憊。

この作業の結果、尿酸などの有害なゴミが山のように出ます。

有害なので、今度は「早く排泄しないと!!」と体は思うわけです。

排泄の仕方は、尿や汗。

この担当は腎臓です。

ハムスターのクルクルサークルのように、必死で動くので、腎臓ももちろん

疲労困憊。

動物性たんぱく質を食べた後、体の中では、肝心要の肝臓と腎臓が一気に疲労困憊している、というわけです。

卵

肝臓と腎臓が疲労困憊していてまずいこと

解毒も排泄も滞るスパイラル

これらの臓器が余計な作業で疲弊していれば、当然「ゴミ出し」はうまくいきません。ゴミは酸性なので、これが体が酸性化するということです。

また肝臓に有害物質を無害化するパワーが残っていなければ、有害なまま細胞に蓄積されていくことになります。

このゴミが溜まりに溜まった細胞が、ガンの根っこなのです。

肉を食べて2時間後に体で起こること

体温の高い家畜の脂肪

肉

これは魚には当てはまらないので、牛、豚、鶏などの家畜の動物性食品についてです(魚は水の中で生活しているので、私たちより体温が低いですから、魚の脂肪は人間の体に入っても、固まらずサラサラとしています)。

家畜の体温は、人間よりおおよそ2.5℃高い。

そうすると、私たちの体にその脂肪が取り込まれた時、冷たくなって固形化するということです。ベタベタしてきて、肉を食べた2時間後には毛細血管が詰まります。


これは感じることができないからこそ、重大さが伝わりづらい点でもあるので、しっかり頭に入れてほしいなと思います。

その血液がサラサラの状態に戻るには24時間かかると言われています(新谷弘美・著『胃腸は語る』弘文堂刊)。


なので、一日に1度でも肉、卵、乳製品を食べていれば、年中毛細血管が詰まっているということになります。もちろん一度にすべてが詰まるわけではないので、特段支障がないように思われてしまうかもしれませんが。

毛細血管が詰まって困る、もう一つのこと

渋滞血管では免疫細胞が進めない悲劇

51億もある毛細血管を通って、体のパトロール隊である免疫細胞は移動します。

血管というと、つい大動脈などの太くて目に見えるものばかりに意識が向きがちですが、実は目に見えない毛細血管のほうこそ長く、隅々にまで張り巡らされているので決して侮れないのです。


大きな血管が高速道路なら、毛細血管はそこから住宅地や裏通りに入り込む小さな道や、家の前の私道です。

そこがゴミの山で埋もれていたならば、外敵を見つけることも、見つけたとしても、何の手立てもできずに悔しい思いをするということです。


対岸で起こる火事をただ見ているだけ。そうしているうちに、その家は全焼ということ。

牛乳

高たんぱく・高脂質・高カロリー、ひいてはガン育成食

ガンにとってはトリプルハッピー

ということで、今日のまとめです。

※魚に関しては、前述のようにアミノ作用という作業があるにせよ、良い脂質がプラスの働きをするので、がん治療のための食事でなければ適度に摂りたい食品です。

【動物性たんぱく質が持つ3高による不都合】

その①高たんぱく質から起こること

肝臓と腎臓が疲弊する



ゴミ出しがスムースにいかない



免疫細胞が動けない



免疫力低下



ガン細胞優勢に

その②高脂質から起こること

家畜の脂質が人間の体で固まる



毛細血管から詰まっていく



動脈硬化による脳や心臓の病へ

その③高カロリーは…

ガンの直接のエサです。

ということで、続きは次回♪♪

今日もハッピー♪♪Thank you so much★

自分のチカラを高めたい人、免疫力の要である小腸のお掃除と絨毛の再生をしたい人は…こちらまで↓

メール相談はここをクリック♪

Herb Detox(ハーブデトックス)LINE@

下のボタンかQRコードから( ´ ▽ ` )ノ
体の老化を遅らせ、健康を保ちたい人へ送る情報発信タイムラインです♪
体重コントロール・アンチエイジング・お肌、根っこは同じ

友だち追加

自己流で突き進んで、いつしか「あれ!ここはどこ?」とならないよう、体のことはすぐ相談♪♪
一般社団法人 日本肥満予防健康協会 肥満予防健康管理士 
ウエルネスコーチ 
肥満解決1000人プロジェクトメンバー/FaceBookコミュニティ管理人

大槻由香

新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)

ファンケル 発芽米お試しセット
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ