122時間目『栄養素の不足と過剰の食原病を正す、「フォーミュラ食」の選び方』

食べ物の話

122時間目『栄養素の不足と過剰の食原病を正す、「フォーミュラ食」の選び方』

まんべんなく食べなければいけない、という神話からの慢性病

欧米食の基盤食材と栄養学で、病人半病人の増大

さて、前回までは食べ物が原因で、慢性病が蔓延してしまったこと。必要な栄養素の不足と過剰が同時に起こったまま、私たち現代人の多くは、毎日の生活を送っていること。
じゃあ、野菜を食べよう!と思っても、自然食材それぞれに絡む問題も多い。
また自己判断で補助食品を摂っても、どれだけの質なのかを判断することや、それが本当に生かされるのかは、なかなか難しい。使うならば本物を見つけてほしい、という流れをシリーズでお伝えしてきました。


そして、この数々の難題を一挙に解決する方法、それが「フォーミュラ食」というところまででしたね。新しい食のスタイル、栄養素を摂るための食事と、楽しむ食事の二本立て。

そうせざるを得ない世の中になっている、ということを押さえておきましょう。

では、次から「フォーミュラ食」のことを、もう少し詳しく話していきたいと思います。

フォーミュラ食 外出先でも

いつでも、どこでも簡単に♪

フォーミュラ食とは何なのか

考慮して作られているポイント

1977年にアメリカで発表された『マクガバンレポート』。これをきっかけにフォーミュラ食が誕生した、という話、皆さん覚えてらっしゃいますか?


当時のアメリカでは、莫大な予算を医療費にかけているにも関わらず、病人が一向に減らない。その事態を解決すべく、生まれたのでした。


フォーミュラ食を簡単に言うと、

人間の身体に必要な栄養素をすべて植物から抽出した、低GI値(血糖値をほとんど上げない)の完全栄養食

となります。

マクガバンレポート以降、1980年のアメリカを皮切りに、イギリス、西ドイツと開発が進められました。

その後、様々な企業がこういった形態のものを売り出し、今や薬局やスーパーには、似ているものがたくさん並んでいますね。粉を溶かしてドリンク状のものを作る、粒になっている、といった類のものです。

フォーミュラ食ドライフルーツアレンジ

アレンジがまた楽しい♪

具体的なフォーミュラ食の選び方

将来の結果につながるものを選びましょう

では大事なポイントを書いていきますね。

①六大栄養素のバランスが完全であるもの

②栄養素を吸収する小腸の宿便(消化されなかった停留物)をハーブによってかき出してくれるもの。かつ、吸収の要である絨毛を再生してくれるもの

③GI値が極めて低く、血糖値の上昇が少ないもの(30前後)

④吸収された栄養素が、きちんと細胞の隅々にまで届き、その細胞でしっかり使われることを考慮しているもの

⑤産地、加工法、管理法の把握

①~④をクリアし、⑤も知っておくとなお良いですね。

本物の証拠は、私と家族の体験をご覧ください。
体重コントロールだけではなく、健康面の体験、写真にない、小さいこともたくさんあります♪♪

体験写真はこちらの記事 ↓

あなたの悩みは何ですか?
真剣にその悩みから解放されたいのに、今までうまくいかなかったのは、『土台』を調えないままに、あれこれトライした、ただそれだけのこと。

ただ知らなかっただけなのです。

私が、あなたの目的地までお連れします。

私もこうして日々遊びながら、楽しく食べています♪

今日もハッピー♪♪Thank you so much★

小腸の宿便除去プロフェッサー大槻由香LINE@

友だち追加

あなたがこれまで思うような結果が得られなかったのは、『土台』を調えないままに、あれこれチャレンジしてきた。

ただそれだけのことなのです。

結果がほしければ、その願いの目的地までお連れします。
私も家族も、劇的に変わりました。

自分で体をコントロール。

あなたにもできます。

◆HeyBay子どもアレルギー
◆さよならママリバウンダー
◆アレルギーの子を作らないマタニティdiet
◆働く女性のアトピ☆肌diet


『小腸制し体コントロール★病院代ゼロファミリー』始動~

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ