キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

120時間目『「補助」だから難しい補助食品たちとの付き合い方・考え方』

食べ物の話

120時間目『「補助」だから難しい補助食品たちとの付き合い方・考え方』
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

医療費を削減するためにしなければならないこと

食べているのに摂れていない、現代人のアンバランスを調えること

医療費を削減するためには、私たちの栄養状態を変えなければなりません。
代替医療の中でも、栄養、食事の分野は、体を立て直す時に一番理にかなっています。


体は食べたものでしか作られないからです。


しかし、殊に日本では、栄養が医療の一つという見方が、育っていません。

「病になったら病院へ駆け込み、薬をもらえば治る」と生まれたときから自然に教え込まれてきたからです。けれどこれは、地面の上の雑草を刈り取り、見た目調えただけであって、「治った」のではありません。根っこから変えるのは、皆さんのもろもろの習慣です。

ドラマやアニメの題材でも医療はよく扱われます。「病院や医者というのは絶対的な権威を持っていて、医療の最高峰である」というイメージが暗に刷り込まれている状況、少なからずあります。こうしてどんどん「薬が治す」信仰が普及してきました。

ストレスでしょ、運動でしょ、と他に大切なことはもちろんありますが、
物理的に忙しいということをはねのけるくらい、日々口にするもののチカラは大きく、一番の基礎です。

死んだ食べ物でにぎやかになっただけであって、中身の詰まっていないもの、むしろ毒をはらむものが増えました。


そこで、特に大事な微量栄養素(ビタミンミネラルなど)を摂れるもの、誰でも簡単に摂取できるものとして、これまでと違う形の食事。粉状や粒状のものが開発された、というわけです。

一体どんな補助食品を選んだらいいのか

買う前に押さえておきたいこと

サプリメント売り場

現在、おびただしい数の粉や粒の形状をした、栄養を体に入れるための食品があります。ありすぎて、消費者にはどれがいいのか分かりませんね。


けれども、一人ひとりが情報を得ていくという姿勢は大事だと思います。

何となく買ってしまう前に、それを実際に食べた人はどんな結果を得られたのか、事実を探すのです。

信頼のおける人が知っているものがあれば、そこから情報を得ることもいいですし、そのメーカーに直接問い合わせて、そこで働く人々は食べているのか、食べた結果どんな良いことが起こったのかを問い合わせてみる、ということもいいでしょう。何年食べているのか、食べ続けるほどに体は良いほうへ変わっているのかなどもいいですね。

また基本的なこととして、以下のことも注意してみるといいです。

◆ダイエット目的ではないもの

◆食べられる人を限定しないもの

(胎児、妊婦、赤ちゃん、3桁のお年の方まで、とにかくみんな)

◆食べられる期間を限定しないもの

(食品のように、一生食べ続けられなければおかしいよね)

◆合成ビタミンでないもの、また化学的なものが添加されていないもの

(加工の過程での添加物、「表示しなくてもいいキャリーオーバー」はないのかも確認してください)

木の床に広がるサプリメント

補助食品を購入するにしても心得ておくべきこと

補助食品の事実・体験を集め、条件をクリアしても、覚えておいてほしいこと

購入を決めたとしても、頭に入れておいてほしいことがあります。

まず、体はどの栄養素が足りないのかを教えてはくれないということ。
自分でよかれと思って摂っても、それが体が欲しているものなのかは分からないということです。体が「栄養素をくれ~」と言って発するのは「空腹」という合図だけだからです。

また補助食品は、それ自体が食事ということではないので、普段の食事にも気を配り、その上に摂るということ。

また、大抵のものは、実際に栄養素を吸収する小腸のことを考慮していません。
長年たまった宿便で、小腸が汚れているところへ摂ったとしても、トイレへ流れていくだけなのです(現代人は宿便少なからずあります。というより、かなりあるでしょう。毎日お通じがあってもです。断食などで宿便に気を配っている方でなければ。この話はまた別の機会に)。…ということは、汚れたままでは、普段の食事からの栄養素もまた然り。吸収率は思っているより低いということです。

ですので、「どの栄養素が必要か分からないから、マルチビタミンを摂ってしまおう!」と食べたとしても、それがどれくらい体の中に取り込めているかはまた別問題です。

また、細胞の隅々にまで届いて、きちんと使われることまでプログラミングされているものはないです(これは世界特許)。

そういうわけで、一般的に市販されているものを、医療レベルで考えるのは難しいところが、やはりあります。

たくさんのメーカーが、いろいろな商品を売り出していますが、どんな人が開発しているのか、というところもポイントになりますね。その補助食品を本業としているところも、そうでないところも。例えお医者様が関わっているとしても、どういったレベルで活躍されている方なのか。

本当に体の改善を望み、食で根っこから変えたければ、「本物」を見つけることです。体に入れるものは、やはり質、レベルを考慮してほしいと思います。

「補助」だから難しい補助食品

何とか補助食品の難題を解決したい人へ

補助食品は、「補助」だから難しいのです。
あくまでも」「補助」なのだから、土台を別に確立する必要があります。

それにやはり、「どの栄養素が足りていないのか?を知る由がない」というところで行き詰ってしまいますね。

「一体どうしたらいいんだ~?」と悩まれてしまった方、
真剣に解決方法を探していらっしゃる方は、
また次のブログでお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

今日もハッピー♪♪Thank you so much★

自分のチカラを高めたい人、免疫力の要である小腸のお掃除と絨毛の再生をしたい人は…こちらまで↓

Herb Detox(ハーブデトックス)LINE@

下のボタンかQRコードから( ´ ▽ ` )ノ
体の老化を遅らせ、健康を保ちたい人へ送る情報発信タイムラインです♪
体重コントロール・アンチエイジング・お肌、根っこは同じ

友だち追加

自己流で突き進んで、いつしか「あれ!ここはどこ?」とならないよう、体のことはすぐ相談♪♪
一般社団法人 日本肥満予防健康協会 肥満予防健康管理士 
ウエルネスコーチ 
肥満解決1000人プロジェクトメンバー/FaceBookコミュニティ管理人

大槻由香

ファンケル 発芽米お試しセット
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

月別アーカイブ