誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

127時間目『15歳がピーク!ならば自力で上げよう免疫力②人類600万年の食事』

体の話

127時間目『15歳がピーク!ならば自力で上げよう免疫力②人類600万年の食事』
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

人類600万年の歴史から考える私たちの食事

600万年の歴史に基づいて作られている私たちの体

最古の人類、猿人。

ここから私たちはどのような食事を摂ってきたのかを見てましょう。


長い、長い食生活の習慣は、私たちの体をそれに適した形へと進化させてきました。


猿人が出現したのが600万年前と言われています。


この600万年という期間のうち、私たちが生きている今この瞬間は、瞬きのま、の字にも満たないほど。


そしてこの600万年の間に、人類の食事の大変化は3回ありました。


猿人誕生600万年前から250万年前までの食事

植物性の食べ物を探しては、移動の毎日

猿人はアフリカで誕生したということは、社会の授業で聞いたことあったな~なんていう人も多いと思います。


森に入って、木の葉、木の実、種子、根っこ、芋類、果実などを採っては食べる(最初は歯の構造から柔らかいものしか食べられなかったけれど、後に硬いものも食べられる骨格になりました)。なくなれば移動して、また植物を探す、という毎日を送っていたようです。一つひとつのカロリーは少ないだけに、様々な種類のものを摂ります。

一応糖質が中心になりますが、そうは言っても今の私たちが摂るカロリー数とは、まるで違います。極低カロリーというイメージがいいかもしれません。けれども、栄養素の質は良く、高栄養の食事でした。つまりビタミン、ミネラル、フィトケミカルが豊富な食事です。

どんぐり

木の実

森からの贈り物は超貴重だったよね♪♪

猿人を襲った氷河期は食生活を強制変化

寒さと乾燥により森は草原へ

氷床

猿人誕生の600万年前から350万年たった頃。長いね(´艸`*)

つまり今から250万年前のことです。



地球規模の気候の大変化。


氷河期へと突入です。


豊富な森林は、草原へと姿を変えます。

森で得ていた植物性の食べ物が、手に入りにくくなりました。


そういうわけで、人類は他に食べられるものを見出さなければならない状況に。


これが一回目の変化。


草食動物を襲う肉食動物が食べ残した死骸などを見つけると、石器を使って割き、骨髄や脳を食すようになりました。不思議ですけど、ここが栄養素の詰まった場所だと感覚的に分かったのでしょうね~。すごい!


森がなくなったので、水辺に移動もしました。そこで水棲動物を獲り、食べるようになりました。


寒さと乾燥という氷河期からもたらされた食事は、動物性のたんぱく質を中心にしたものでした。ジャングルはどんと縮小しましたので、植物性の食べ物を食べる割合は、ぐんと減ったことでしょう。

動物性のたんぱく質中心と言っても、安定した食生活ではありませんよ。

いつ死骸にありつけるか、うまいこと水棲動物を獲ることができるかは全く未知。相も変わらず、飢えと隣り合わせであることには変わりないのです。

だから、脂肪として蓄える術を獲得したのだから♪

猿人の次で生まれた原人、旧人も、この氷河期の中で生きていた私たちの祖先です。

マンモス

シロアリからマンモスまで、多種多様に食べていました。

新人誕生の1万年前、ようやく安定的に食べ物を確保

世界四大文明が起こり、農耕牧畜がスタート

長い、長い氷河期が終わり、温暖になった1万年前。

世界の四つの地域で文明が起こりましたね。


そこから農耕・牧畜という、今までに比べたら、割と安定的に食べ物を確保できる術を発達させてきたのです。

これが2回目の変化です。

稲作を行う地域、牧畜とともに小麦を育てる地域、いずれにしても精製していない穀物の、良質な糖質を得られるようになりました。

稲

昔は放牧が当たり前だったのにね。

放牧されている牛たち

そして近代、半世紀と少しという短い時間で食の大変化

カフェメニュー ホットサンド コーヒー コーラ デニッシュ

良質の糖質から、精製糖質へ

60年ほど前の1970年代以降、私たちの食生活を大変化させたもの。


何でしょうか?



そうです。



精製された食品の増大です。


穀類の精製だけではなく、精製された砂糖類がどんと増えました。

白い上白糖だけではなく、異性化液糖や砂糖混合異性化液糖などが、多くの食品に添加されるようになったのです(ブドウ糖果糖液糖など、こんな文字面が並んだもの)。


高精製糖質の時代です。

クリームと粉砂糖たっぷりのパンケーキ

私も昔は、こんなのを主食にするほど食べていました(ノД`)・゜・。今はもう砂糖依存から脱出!

600万年間の食事をまとめてみると…

飢え、低カロリー、だけど割と高栄養、低糖質

カロリーは少なく、けれど必要な栄養素は意外としっかり。


もちろん飢餓との闘いで生き抜けた人類は全てではないけれど、生き残ってきた私たちの祖先は、確実にこうした環境に対応できるように体を進化させてきたのです。適応した者のみが、生き抜けた。


素早くエネルギーに変換される糖は必要だけれど、それが少ないとしても、何とか生きていける仕組みを持ちました。


そういう過酷な環境にあっても、必要な栄養素を摂ることは、できうる限りしてきたのです。多種多様な植物、昆虫、動物性の脳や骨髄、それに魚介類…。


そう、カロリーは要らないけれど栄養素は必要。


現代の食事は、高カロリーだけれど、低栄養素という、中身の空っぽなものがあふれかえっています。600万年続けてきた食生活とは、正反対の中身なのです。

ハンバーガー

THE エンプティカロリー

1万年前からの安定した食糧自給から、さらに分化した食生活

どんな食べ物を中心に安定してきたのかを考える

安定して食糧を調達できるようになった1万年前から分化が進んで、牧畜で食事を支えてきた地域の人々は、それにふさわしい体になり、農耕で食事を支えてきた地域に住む人々は、そこから栄養素を摂るようになりました。

それぞれの食べ物を、体の中でうまく消化・吸収できるようにし、栄養素として摂り入れるのに適した体になっていったのです。


だから、その地域のものを食べるというのは、本当に理にかなっているのですね。


あちらの地域でよく食べられる健康長寿の食べ物が、必ずしも自分たちにも良いとは限らない、ということが多々あります。


私たち日本人は、未精製の穀物、山の山菜にきのこ、海の幸、畑で採れる野菜や豆、芋類を中心にした食生活を築き上げてきました。


いずれにしても、低カロリー高栄養素であったことには変わりありません。

そう、それと私たちの祖先は、毎日何キロも歩いて食べ物を探し続けたのです。
農業中心に経済が成り立っていた頃の日本人も、体をたくさん動かしていましたね。

米が中心と言っても、そのエネルギーをしっかり消費していたし、未精製なので血糖を急激に上げることもなく、栄養素が豊富だから、エネルギー代謝もスムースでした。

現代人は、体を動かすことが格段に減ったのだから、

より栄養素の詰まった質のよいものを、より低カロリーで

ということを、さらに意識しなければいけませんね。

低カロリー高栄養素、これすなわち免疫力を上げる食事

なのです。

ポップコーンを食べる中年男性と、キャンディーを食べる女の子

あ、これ、違うよね…やっぱり… (≧▽≦)ぎゃはは あか~ん

今日もハッピー★Thank you so much!

自分のチカラを高めたい人、免疫力の要である小腸のお掃除と絨毛の再生をしたい人は…こちらまで↓

Herb Detox(ハーブデトックス)LINE@

体を根っこから変えたい人へ みんなの知りたい、みんなで作るLINE@★☆★
体重コントロール・アンチエイジング・お肌、根っこは同じ♪♪
下のボタンかQRコードから

友だち追加

自己流で突き進んで、いつしか「あれ!ここはどこ?」とならないよう、体のことはすぐ相談♪♪
一般社団法人 日本肥満予防健康協会 肥満予防健康管理士 
ウエルネスコーチ 
肥満解決1000人プロジェクトメンバー/FaceBookコミュニティ管理人

大槻由香

氷河

氷河期を生き抜くって並大抵ではないよね。

ファンケル 発芽米お試しセット
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ