128時間目『自然をいただけばいい、発酵を賜るアルコール』

食べ物の話

128時間目『自然をいただけばいい、発酵を賜るアルコール』

どんな意味合いでお酒をいただくのか

酒類の主成分、アルコールだって自然の恵み

ストレス発散、気分の高揚、そんなところもお酒の魅力の一つ。


「よっしゃ!今日ははじけちゃえ!」

なんて勢いで飲んでしまうことありますか?



さて、今日はお酒に対する考えを一つ加えてほしいと思って、書き連ねたいと思います。

お酒の誕生に深く関わる微生物

微生物の働き、分かれ道。「腐敗」と「発酵」

目に見えない小さな生き物、それが微生物。ありとあらゆるところにいます。
私たちって、この子たちと共存しています。どこにでもいるのだからね。


さて、この微生物が関わることで、その物が変化するのですが、それは2つの道があります。



一つは腐敗。


そしてもう一つは、発酵です。


私たちに有害となるのが腐敗。


有益となるのが発酵ですね。


偶然の賜物、発酵。なのにとても神秘的で、ミラクルな過程。

アルコールの発酵について簡単に見てみましょう。

微生物の自然の営みが産み出したアルコール

微生物が、いつものようにえさを食べただけ

微生物が、エサであるブドウ糖をパクパク食べる。
そうすると、二酸化炭素とアルコールができるのです。


私たちと一緒だよね。
呼吸をして、物を食べたら、二酸化炭素が出て、ゴミが出る。


それはごくごく自然の営みなのです。

お酒で悪酔いしないために

お酒も純粋であればあるほど、やっぱりいい

これは米麹。

例えば、日本酒でいくと…


原材料は、米、米麹。それに微生物さえいてくれればいいわけです。

これが純米酒であって、江戸時代から伝わる本来のお酒ですね。



けれど、今は「大量生産」という文字がお酒についても絡んできます。


早く、安価に仕上げたい!

となると、悠長に出来上がりを待つ楽しみなどは、二の次、三の次くらいになってしまいます。


素早く仕上げるには、他のものを添加していけばいいのです。

醸造アルコール

醸造アルコールの原料の一つ とうもろこし

これは、とうもろこし、芋、廃糖蜜などを原料にして、大量生産されています。だから価格も安い。

それを加えれば、加えるだけお得な日本酒が出来上がり~。


おいしくなかったり、悪酔いする、などという人、その時どんなお酒を飲んでいたのかな(もちろん大量の飲酒で悪酔いということ以外でね)。

「消毒くさい」「鼻につん」などという経験をしたことはありませんか?
その時のお酒は、醸造アルコールたっぷりのものだったかもしれませんね。


お酒も

自然の賜物をいただく

という意識を持って、丁寧に、たしなむ付き合い方をしてみませんか?


ありがたく少量をいただくから、おいしく、楽しいのです。

酒粕もおいしいよね♪♪

【渡辺酒造店公式通販】

ARROZ(アロス)は国産米をワイン酵母で仕込んだ、白ワインのような純米酒。

今日もハッピー★Thank you so much!

自分のチカラを高めたい人、免疫力の要である小腸のお掃除と絨毛の再生をしたい人は…こちらまで↓

Herb Detox(ハーブデトックス)LINE@

体を根っこから変えたい人へ みんなの知りたい、みんなで作るLINE@★☆★
体重コントロール・アンチエイジング・お肌、根っこは同じ♪♪
下のボタンかQRコードから

友だち追加

自己流で突き進んで、いつしか「あれ!ここはどこ?」とならないよう、体のことはすぐ相談♪♪
一般社団法人 日本肥満予防健康協会 肥満予防健康管理士 
ウエルネスコーチ 
肥満解決1000人プロジェクトメンバー/FaceBookコミュニティ管理人

大槻由香

ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ