139時間目『子どもがアレルギーになりやすいのは当たり前』

体の話

139時間目『子どもがアレルギーになりやすいのは当たり前』

悩む人は増加するばかり、アレルギー反応

慌てた対処で、早急に止めようとしないこと

アレルギーと聞くと、厄介だな~という印象が強いですね。症状が本人には辛いものが多いから。

けれど、それらは全て体が異物を排泄したいと、まさに排泄している局面!ということを忘れないでね。

まずそこを押さえて、慌てて薬で止めようとしないこと。それをするから、抜けられないスパイラルにはまってしまうのだから。

小腸に穴が開いている(炎症が起こっている)と、そこから未消化の食べ物が血液中に流れ出し、異物と判断され、アレルギーへつながる話もしましたね。

129時間目から135時間目まで、小腸についてのシリーズブログ。ひとまず第一部として書いています。また読んでみてね。初めての方も良かったらじっくりどうぞ♪



で、今回は、自律神経からのアプローチで、アレルギーについて書こうと思います。

アレルギーも自律神経に左右される

リンパ球が過剰だと、起こりやすい

免疫力の高さを知る指標をお伝えしたブログでは、自律神経のお話も一緒にしました。

こちら↓  ↓


自動的に動く自律神経ですが、常日頃、交感神経と副交感神経のどちらが優位であるかによって、2種類ある白血球の割合が変わるのでしたね。

交感神経が緊張だと顆粒球が多い。
副交感神経緊張だとリンパ球が増える。


私たちの免疫力は、元々備わった自然免疫と、いろいろな経験を積むことで発展していく獲得免疫の2つがありました。覚えてるかしら?

その獲得免疫を司るのはリンパ球でした♪

だったらリンパ球が多くいればいるほどいいじゃないか!と思えるけれども、やっぱり過剰はよろしくない。これまた顆粒球とのバランスなんです。

体ってのは、とにかく『バランス』って言葉が随所に出てくるんだな~(今は割愛)。


獲得免疫を担う、リンパ球が増えすぎた時に、アレルギー反応が出てくるのです。

そのリンパ球は副交感神経の支配下にありましたね(8行上↑)。

なので、副交感神経が優位ばかりでもいけないのです。


また、日ごろ副交感神経体質の人が、ストレスを強く感じて、途端に交感神経側に一気に揺り戻される時も、アレルギーがどんと出ます。端から端の極端な揺り戻し幅が、症状を強く出すのです。

食べてばかりいる人も、副交感神経がいつも緊張しているので、こういう人もアレルギー反応が出やすいです。

子どもってのは、副交感神経の塊

副交感神経が強いのだから、過保護は無用

免疫学の安保徹先生の理論は、ほんとにスッキリ分かりやすいので、みんな知っておくといいよ♪

子どもがなぜ副交感神経の塊かというと…

『急激な成長というストレスに対応するために、常日頃はリラックスモードを維持している必要があるから』


なんですね。


1歳~4歳は、大人の3倍ほどのリンパ球を持っているそうです。15歳くらいまでは、リンパ球が多い状態が続いて、少しずつ顆粒球が増えていきます。


ただでさえ、リンパ球が多い子供たちなので、少々交感神経が緊張するような場面に出くわすくらいでちょうどよいのです。


泣き始めたら、少し放っておく、体を動かす、やたらと間食を与えない、太陽や外気、自然と仲良しにさせましょう♪紫外線対策は、個々人で判断してね★


ずっと食べてちゃだめよん♪

ざくろにかぶりつく外国人の赤ちゃん

私たち現代人って、心の面、化学物質の面など交感神経過多にもなりやすいけれど、運動不足、食べてばかりいる、なんてことで副交感神経過多にもなりやすい。
振り子の振り幅が極端だけに、強い症状が出るんだね。

それに加えて小腸の腐敗からも、アレルギー反応が出ます。


けれど、そこで体のシグナルの意味を考えることです。
排泄の機会を奪わない。

するべきことは、刹那的に症状を抑え込むことではなく、体の反応を読み取り、内部を整える手立てを施すこと。


このつづきはまた( ´ ▽ ` )ノ

泣いている赤ちゃん

そうそう、これは絶好の交感神経緊張のチャンス♪

今日もハッピー★Thank you so much!

小腸の宿便除去プロフェッサー大槻由香LINE@

友だち追加

あなたがこれまで思うような結果が得られなかったのは、『土台』を調えないままに、あれこれチャレンジしてきた。

ただそれだけのことなのです。

結果がほしければ、その願いの目的地までお連れします。
私も家族も、劇的に変わりました。

自分で体をコントロール。

あなたにもできます。

◆HeyBay子どもアレルギー
◆さよならママリバウンダー
◆アレルギーの子を作らないマタニティdiet
◆働く女性のアトピ☆肌diet


『小腸制し体コントロール★病院代ゼロファミリー』始動~

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ