143時間目『小麦文化ではパンは主食じゃない』

食べ物の話

143時間目『小麦文化ではパンは主食じゃない』

主食という意味

お米を中心に回ってきた日本

私たち日本人がエネルギー源として、古来から食べてきたものはお米ですね。

そして、日本文化は概してお米を中心に回り、発展してきました。

祭りや行事ごとも、お米の豊作を願って始まったものばかりです。

米の副産物である、ぬかもわらも捨てることなく多様されてきました。
ぬかは、ぬか漬け、石けん、あく抜き。わらは、納豆のわらづと、みの、草履、しめ縄、米俵、わらぶき屋根などなど。お酒もお米がなければ、作れません。

日本文化の土台を築いたお米は、毎年毎年安定的に収穫できる、ということが大きな強みです。連作障害が起こらない、「水田」という知恵の素晴らしさは本当に感動さえ覚えるほど。

だから、お米を主食とし、それに添える副食という位置付けで、日本の食事も整ってきたのです。私たちは、お米からほとんどのエネルギーを得てきました。

お米は、毎日食べても飽きが来ず、味がないからこそ(というと少々語弊があるように思えます。かんでいるうちに甘味がじわじわ出てきますよね♪)、何と食べてもおいしく、ただの塩だけでもごちそう!というくらいおいしいのです。

玄米ごはん

ごはんを主食とし、それに添える副食

これを忘れず、次を読み進めてね。

パンは主食ではないのです

副食の一つにすぎない、それがパン

では、小麦の文化が生まれたヨーロッパを見てみましょう。

こちらは、畑を使った農業が行われてきましたね。

連作をすると、土地がやせて作物を作ることが困難になるので、牧畜との併用で、土地を休ませつつ、ローテーションを回して土地を活用してきました。

「三圃制農法」、社会で聞いたような…なんて方も多いかな(´艸`*)夏作、冬作、牧畜の3つに土地を分割する農法です。


ここで栽培される小麦やライ麦は、お米のようにたくさんの収穫量を確保することができません。

だから、エネルギーを得るには、麦から作るものだけでは足らなかったんだよね(*´ω`*)

お魚、お肉、お豆にお野菜などの料理、そして味付けする調味料においても、エネルギー確保の一端を担わなければいけなかったのです。

だからパンはね、それらの副食と同じ位置付けであり、決して主食ではないのです。

いろいろと取りそろえる副食の一つ。


それがパンなのです。

様々なヨーロッパのパン

カロリーを摂るための副食が日本にやって来た

添え物ではなく、一品ごとに自己主張

そういうわけで、ヨーロッパの皆さんが食べてきたものは、気候風土から必然的に濃厚な副食が勢ぞろいしています。

煮込み料理にしろ、オーブン料理にしろ、ソースやオイルを多用していますよね。

副食自体がカロリーを摂るためのものだから、ごはんと一緒に食べちゃうと、必然的にカロリーも、脂質もぐんと高くなるのは至極当然なのです(*´з`)


本来ごはんには、ごはんを引き立たせる名脇役たちがたくさんそろっているので、そういう取り合わせに戻せばいいってことなんだよね。

日本の副食は、熱量を確保しなくていいので、低カロリーのものばかりになっています。

それでいて、微量栄養素(ビタミン・ミネラル・フィトニュートリエント)や食物繊維が豊富だから素晴らしいんだ!

逆に言うと、パンを食べる限り、自然の流れとして、濃厚なものや脂質を使った料理に触れる機会は減りにくい、ということですな(*´з`)

シチュー

今日もハッピー★Thank you so much!

自分のチカラを高めたい人、免疫力の要である小腸のお掃除と絨毛の再生をしたい人は…こちらまで↓

Herb Detox(ハーブデトックス)LINE@

体を根っこから変えたい人へ みんなの知りたい、みんなで作るLINE@★☆★
体重コントロール・アンチエイジング・お肌、根っこは同じ♪♪
下のボタンかQRコードから

友だち追加

◆◇◆LINE@に登録されたばかりの方は◆◇◆

ホーム(右上おうちマークをぽちっとな)に投稿してある
【最後の砦、じゃな~い】
【クーデター】
【登録されたばかりの方へ】
【私のストーリー】
【家族のストーリー】(ちびっこら編と母・敦子編)

先に読んでおいてね~( ´ ▽ ` )ノ
 
聞きたいこと、困ったこと、FB、insta、相談用LINEで、随時メッセージOK~♪♪

自己流で突き進んで、いつしか「あれ!ここはどこ?」とならないよう、体のことはすぐ相談♪♪
一般社団法人 日本肥満予防健康協会 肥満予防健康管理士 
ウエルネスコーチ 
肥満解決1000人プロジェクトメンバー/FaceBookコミュニティ管理人

大槻由香

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ